2011年08月30日

KoolMovesで3Dのサンプルに挑戦

Necromanthus には、難しいサンプルがいくつもあります。

今回はそのひとつ。3DMathというサンプルを挑戦してみました。

といっても、作成の手順をつくってみようと思います。

最初に画像のサイズを決めます。

今回の画像は、480×320ですのでそのままでは、このブログに表示できません。

そこで、Movie sizeは 380 x 320としました。背景色も設定します。

1.[Movie] -> [Movie Width/Height]で Width を380 heightを320にします。
2.[Movie] -> [Background Color] で上から、104,100,104と設定します。
3.右下のScene1の時間を0tweensに変更します。

デフォルトは6ですが、6のままでは、再生がすごく遅くなります。

6tweenが表示されるたびに、0tweenに変更します。

次に、回転している角に付いているボール(mingie)の作成です。
4.ムービー領域の外に、直径が15pixcelくらいの円を描画します。

5.塗りつぶしツールで、Gradient colorとRadialを選択します。
右側の色(内側)は、0,255,255
左側の色(外側)は、0,0,104です

6.図形のプロパティで、Line widthを0にします。

7.Convert to movie clipでムービークリップに変換します。

8.ついでに名前を変更して、mingieとします。
この名前は、後でアクションスクリプトの中で使用します。

9.ムービー領域いっぱいの十字架を書きます。十字架一つとして、ムービークリップに変換します。

10.十字架の名前は、axisです。

11.ムービー領域の右上にコントロールボタンを配置します。

コントロールボタンの名前は特に気にする必用はないと思います。S5、S6、S7としました。

各ボタンには、Action scriptが設定されます。

12.ラインを描画します。0,0から70,70への斜めに描画し、Line colorは白に設定です。
ラインは、ムービークリップの中で、左上(ラインの開始点)の座標を0,0にします。

13.ラインの名前は、linieとします。

ラインと、ボールはプログラムの中で、コピーして使用するので、ムービー領域の外に配置します。

ラインとボール以外を全て選択し、4フレーム分コピーします。

14.Movie Overviewから、4つのフレームに対し、Action scriptを設定します。

SWFとして、エクスポートして完成です。


posted by hirano at 19:55| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Koolmoves | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。