2012年02月29日

Koolmovesでシュミレーション

今回は、ムービー以外の目的に使ってみました。

複雑な動作をする部品の画像をKoolmovesで作ってみました。

その動作を見るために行ったことは、ムービースピードの変更です。

通常は10〜15くらいで使用することが多いのですが、極端に下げてみました。

キーフレームの時間を変更した上で、ステップ実行をします。

ムービースピードは、1秒間の画面数です。キーフレームを2秒にして、ムービースピードを2枚にすると、一つのキーフレームを4枚にすることができるのです。

シングルステップは、正方向と逆方向がありますので、細かい画像を作らずに、前後の様子を確認することが出来るのです。

意外と簡単な作業でできるので、便利でした。
posted by hirano at 23:53| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | Koolmoves | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたのそれ高く売れるの知ってますか?旬なそれには惜しみなく報酬を出すんですよ★
Posted by かほりのTTP狩り at 2012年03月05日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。