2012年03月31日

Windows8インストールしました

ここの所休んでいましたが、久しぶりにアクセスしたら、アバターがなんか変。

ん?っと思ったら、なんとズボンをはいていない。

フリーのアバター、「最近いじっていなかったので、もしかして変わった?」と思い、早速コンテンツチェック。

とりあえず元の状態を確認するためソースをエディターに貼り付け、eLouai's Candybarで、途中まで作りなおしてみたら、ズボンをはいている。

そこで、画面を読みなおしてみたら、やはりはいていました。

単純に読み込みに失敗しただけだったんですね。

焦りました。

ところで、先月アップされたWindows8 Consumer Previewをインストールしてみました。

さすがに、今まで使っていたOSを入れ替えるのは危険すぎましたので、HDDを入れ替えて、前のパソコンで使っていたHDDに入れ替えインストールです。

DVDからインストールするには、ここから、ISOファイルをダウンロードしてDVDを作成します。

Windows7なら、ISOファイルから直接DVDを作成できますので試してみてください。

ところでやっちゃいました。

インストールが終わって、起動してみたらキーボードが英語モードなんです。

もちろん、英語キーボードでもローマ字入力は可能ですし、ローマ字も度に切り替えるのも特に問題はありませんが、キーボードの組み合わせが変わります。

普通は「半角/全角」キーから漢字モードに行くところを「Alt」+「半角/全角」です。

しかも記号の位置が微妙に違います。

英語キーボードを使っている時ならそのままでもよいのですが、何とか切り替えました。

コントロールパネルから、デバイスマネージャを出し、キーボードのHIDキーボードデバイスを右クリックします。

「ドライバソフトウエアの更新」から「・・・手動で検索してインストール」を選択します。

Microsoft Basic Keyboard(106/109)を入れたらなんとか日本語配列となりました。

ところで、感想としては、起動が早いことです。

電源ボタンを押して、ログインの画面が出るまでにWindows7(以下Win7)では30秒ほどかかっていたものがWindouws8(以下Win8)ではなんと約12秒、WordやExcelは早くなったのかどうか。

Wordは両方共9秒、ExcelではWin7では13秒のところ、Win8では5秒でした。

そして、KoolMovesがWin7で25秒かかっていたのに、Win8ではなんと3秒です。

まだ何も入っていないからでしょうか。

とにかく早い。

単純にメトロスタイルになって、今までのユーザーにとっては使いにくくなるだけかと思っていたのですが、乗り換える意味が有りそうです。
posted by hirano at 16:05| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とうとうやってしまいましたか、私は8にするとつもりはないのです。使いやすいのでしょうか...
Posted by sa-ya at 2012年05月02日 23:43
アプリの切り替わり、終了が早いのは良いのですが、画面いっぱいになってしまったアプリを小さくしにくいのは閉口します。
Posted by labo at 2012年05月13日 01:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261421532

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。