2011年12月31日

体験版で、ズームと回転


ズームと回転サンプルをKoolmovesの体験版で作成して見ました。

今回は、背景のKMが見えないように感じますが、どうでしょうか。

描画エリアも、前回は360x360で作成したのですが、ちょっと小さくして、240x240にして見ました。

そのため、スクリプトでもサイズに影響する部分を少し変更しています。

また、これをアップする頃には年が変わっていそうなので、文章も変更しました。

まず、文字列側のアクションスクリプトは
onClipEvent(load){
this._x = 120;// 座標を、画像の中心としました
this._y = 120;
sense = 0;
}
onClipEvent(enterframe){
this._rotation -= 5;
if(sense == 0){
this._xscale -= 1;
this._yscale -= 1;
if(this._xscale == 3){ // ズームの最低を指定します
sense = 1;
}
}
if(sense == 1){
this._xscale += 2;
this._yscale += 2;
if(this._xscale == 105){ // ズームの最大を指定します
sense = 0;
}
}
}


としました。

また、丸側のスクリプトは、
onClipEvent(load){
this._x = 120; // 中心を描画エリアの中心とします
this._y = 120;
}
onClipEvent(enterFrame){
this._rotation += 4;
}


体験版では、名前を付けて保存(save as)が使えません。

exportでas swfを行います。
posted by hirano at 23:48| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Koolmoves | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

Koolmovesをインストールしよう

Koolmovesはホームページからデモ版のファイルをダウンロードして使用出来ます。

Koolmovesのダウンロードサイトを確認してみたら、以前はEXEファイルだけだったのですが、ZIPファイルもダウンロードできるようになっています。

kmdown.gifと言っても、ZIPファイルを開いてみると中身はEXEとしてダウンロードしたものと同じものがダウンロードされます。

セキュリティなどの理由により、直接EXEファイルとしてダウンロード出来ない場合は、ZIPファイルとしてダウンロードできるかもしれません。

お試しください。

つまり、EXEとして2ヶ所から、ZIPとして、2ヶ所、合計4種類のダウンロード方法があります。

と言っても、ダウンロードしたものはすべて同じものとなります。

製品版を購入していない場合は、とりあえずこのデモ版をダウンロードして使ってみましょう。

デモ版で作成した場合は、背景にKMの文字が薄く入ります。

また、koolmovesの形式(拡張子:fun)で保存できないので、作品を作り直したい場合は最初から、若しくはswf形式のファイルを読み込んで修正することになります。この場合は、完全に同じものになるとは限りません。

しかし、使用期限などはありませんから、しっかりと体験版で練習して購入しましょう。
posted by hirano at 18:45| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | Koolmoves | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

フラッシュで、ズームと回転の効果




今回は、ネクロマンサスのサンプルの中から、ズームと回転の効果です。

サンプルの中のAS1の中の一番最後にあるZoom Rotator 回転とズームと言うサンプルです。

文字を日本語にして、書き換えて見ました。

スクリプト関係はそのまま使っています。

ムービー領域は360×360

回転する丸と回転する文字列はそれぞれ逆方向に回転します。

文字は回転しながら縮小拡大をが繰り返します。

今日はクリスマスイブですので、サンタ追跡システムのURLも紹介しておきます。

http://www.noradsanta.org/

今日の16時ころから、追跡が開始しますのでご覧ください。それまではカウントダウンです。
posted by hirano at 01:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Koolmoves | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

文化祭第2弾

今年の文化祭は11月6日で終了しました

11月3日に各サークルを回ったので、本当はもうちょっと早くアップしたかったのですが、いろいろヤブ用が入って今日になってしまいました。

この日回ったサークルは12サークル、会場も6会場です。

そこをすべて自転車で回りました。

撮影した枚数も全部で約200枚です。

枚数が多いので、やはり狭山台パソコンサークルと同様フラッシュを使用したギャラリー形式としました。

縦に撮影した写真と横に撮影した写真があったのですが、各サークルとしてはどちらか一方としています。

以下、公民館名 サークル名 作品

という順番になっていますが、方向が同じなら、一つの公民館で一つのファイルというようにしていますので、撮影枚数が多いとサムネール画像が増えてしまうという状態になっています。

画像が多い場合は頑張って探してください。

水野公民館 : ひよこパソコンクラブ・うぇんずぱそこんの会・パソコンメイト



入曽公民館 : ピクセルCafe・入曽パソコンクラブ



富士見公民館 : ふじみパソコンサークル




堀兼公民館 : 堀兼PCクラブ・堀兼パソコンサークル



新狭山公民館 : 新狭山PCサークル




中央公民館 : PCサークルさくら・狭山パソコンクラブ



PCエレメンツクラブ

posted by hirano at 01:15| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

恒例、秋の文化祭が始まりました

とうとうこの時期がやって来ました。

秋の文化祭です。

昨年は自転車で回れる程度の近場の公民館でしたが、今年はグループで関わっているサークル全ての公民館を回ろうと決意しています。

といっても文化祭に出展しているところは、11サークルで7会場です。

そのほとんどは11月2日からに集中しているのですが、1箇所だけちょっと早く10月29日〜31日、つまり今日まで、狭山台公民館で狭山台パソコンサークルです。

そこでさっそくですが、先日土曜日に訪問してきました。

僕が入った時間はちょっと遅すぎたか、担当者たちは全て帰った後らしく、説明員の人はだれもいませんでしたがチラホラとお客が入って熱心に作品を見ていたのが印象的でした。

ちょっとお客さんの切れたところを見計らって、デジカメで。

余談ですが、今回のデジカメ。実はちょっと安いのです。

土曜日この時間になってしまったのも訳があって、実はこの日は非常に忙しかったのです。次の日曜日にも確実にいけるという自信はなかったので土曜日にしました。

私も日曜日は朝から予定があったのですが、妻は結婚式に行く予定。

友人といっても昔世話になった方の娘さんの結婚式だったのです。

そして、更に娘と妻の携帯電話をAndroid携帯に変更その引き取り日も土曜日。そのケースなど備品を購入しようと川越のソフマップにいったところ、入口の脇の所で、中古のカメラを販売していました。

なんとなく掘っていたら、見覚えのあるカメラが。

僕の壊れてしまったデジカメの一つ前バージョンっくらいのデジカメの中古があったのです。それも結構綺麗。本体と電池のみ。充電器は無し。な!な!なんと1280円です。

ダメモトで買ってしまいました。

帰ってきて、バッテリーを入れ替えメモリーを入れて撮影。

しっかりと使えるのです。

それを持って自転車で公民館まで。・・・・誰もいませんでした。

ゆっくりと全部鑑賞してデジカメでパチリ。

それを先日紹介したイメージギャラリーに。

そこではたと。

イメージギャラリーのキャンバスは縦長です。

今回撮影の画像は普通にカメラを構えましたので横長です。

早速寸法を全て測りなおしです。

そして前回、DescriptionをUTF-8で入れることにより日本語で入ることがわかっていますので、今回はGalleryの文字も日本語に変更。XMLファイルのファイル名も変更して見ました。

大画像の方はこのブログの横幅が400ピクセルですので、幅をそれより少なく390として、縮小専用で縮小。サムネイル側は幅を75として縮小。

こうすることにより、大画像は390x292、サムネイル側は75x56です。

これで全て計算し直し。

XMLファイルのファイル名は、Key frame1のアクション6行目で
imgs.load("Images/images.xml");
を変更

サムネイルの画像サイズが変更になりますので、Eey frame2のアクション48行目で
thmbs["thmb"+i]._x = 84*(i-1);
の84を75ですが、画像を気持ち離したほうが良いかなと思い、77としました。



posted by hirano at 15:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

イメージギャラリー

今回は写真アルバムの作成です。

Koolmovesのサポートページ、ネクロマンサスからイメージギャラリーを作成します。

下の画面でスクロールさせた写真を上の画面に大きく表示させるアルバムを作成します。

使い方。

今回はダウンロードしたファイルの中のak.swfはそのまま使います。

Imagesフォルダーに、200×300の画像を保存します。
thumbsフォルダーに、82×124に縮小した画像を保存します。

説明を変更する場合は、imagesフォルダーにあるimages.xmlファイルを開き、エンコードをUTF-8に変更しinfo項目を変更します。

画像を増やしたい場合は、xmlファイルの項目を増やします。




フォルダー構成は、ここからダウンロードした、AK.zipと同じで、

AK.swf
Images---images.xml
     +AK1.jpg (大サイズ画像)
     +AK2.jpg
     +AK3.jpg
       :
       :
     +AK9.jpg
     +thumbs----AK1.jpg (小サイズ画像)
           +AK2.jpg
           +AK3.jpg
           + :
           + :
           +AK9.jpg


となります。
posted by hirano at 20:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Koolmoves | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

ホームページで使えるメニューをつくる

KoolMovesのサポートで、Necromanthusを開くとサンプルが大量にあります。

この中に、ホームページのメニューに使えそうなものがありました。

KOOLMOVESのMISCELLANEOUSに、Communicationというサンプルです。

ここに、SenderとReceiverがありますが、このうち、Senderのほうを書き換えるてメニューにしてみました。

サンプルでは、Senderで、クリックすると、Receiverに文字が反映するのですが、そこを書き換えて、クリックで、リンクに飛ぶようにします。

KoolMovesのDynamicTextは日本語に対応していないようなので、たぶんReceiverは無理と思うのですが、Senderだけ使用して、メニューをつくることができました。

この場合、SenderでもDynamicTextを使用しているのですが、ここにはTextを使用します。

最初に、ムービーのサイズを決定します。

メニューがぎりぎり入るサイズで良いと思いますが、ここに貼り付ける関係上380 x 40としました。

右下のFrame Durationは0tweenにします。

ボタンは、高さがムービーサイズの高さより少し小さい長方形としました。

オプションで、Snap to GridをOnにして、書くと書きやすいです。

後から動いてくるアンダーバーのためにコピーをひとつ作っておきます。
これは、Movie Clipに変更して、myMenuLineとリネームします。

次にボタン用の長方形を選択して、Convert to Movie Clipを実行します。

プロパティで、Framesをクリックします。

ボタンの長方形を選択して、Line widthを0にします。

また、Color/fillでGradient Colorにして、左側の白を灰色として中間に移動します。
右側の色は、48,207,207(水色)としました。

Shape Fillの左下、で90度回転し、OKボタンを押します。

Textでボタンいっぱいに、リンク先を表示する文字を書きます。

文字とボタンを選択して、Score/Timelineでフレームを1個コピーして、フレーム2とし、8 tweenに変更します。

フレーム2をコピーして、フレーム3にして、水色をピンクに変更します。

フレーム3をコピーして、フレーム4にし、0 tweenに変更します。

フレーム4をコピーして、フレーム5、フレーム6とします。

フレーム6を8 tweenとして、フレーム6をコピーし、フレーム7とします。

フレーム7のボタン(長方形)を選択し、ピンクを水色(48,207,207)にします。

フレーム7をコピーして、フレーム8とし、フレーム8を0 tweenとします。

ムービーオーバービューを表示し、フレーム1と4のアクションを
Stop();
として、フレーム8のアクションは、
gotoAndStop(1);
とします。

Main Movieに戻り、ムービークリップにアクションを以下のように設定します。
onClipEvent(rollOver) {
this.gotoAndPlay(2);
_root.myMenuLine.xPosition = this._x;
}
onClipEvent( rollOut) {
this.gotoAndPlay(21);
}

on (release ){
getURL(url ,"_blank");
}


urlの部分に、リンク先のURLを記入します。

myMenuLineのアクションスクリプトは、
onClipEvent (load) {
var xSpeed = 10;
xPosition = _root.home._x;
}

onClipEvent (enterframe) {
this._x = this._x - (( this._x - xPosition ) / xSpeed);
}

とします。

ボタンは必要個数コピーして、名前とurlを変更して使用します。


posted by hirano at 16:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Koolmoves | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。